国際協力を実行するにあたっての心得

国際協力ってなんか聞こえがいいですよね。
世界を相手に支援をするってかっこ良く 思えたりしますよね。

「私もやってみたいけど、英語ができないから・・・」
と、いう人いませんか?

そんなことはありません。
英語はもちろんできないよりできる方がいいですが、
英語ができなくても、国際協力はできるんです。

一番大切なことはそこの国の文化をきちんと受け入れる土俵が
必要なことです。

今回のイスラムの後藤さんの事件は本当にお気の毒でしたね。
「イスラム国はどうしてこんなことをするのだろう?」
「あの国はどうしてこんな風になったのだろう?」
「あの国の宗教や政治はどうなっているんだろう?」

日本では考えられないことが 世界では普通になっています。
それを素直に捕らえることが国際協力の一歩になります。

「ここは日本と違う。」
「これなら日本の方がいい。」
これなら、英語ができても 国際協力でお役に立てることはないでしょう。

人のお役に立てるというのは ありがたいことです。
人に善を尽くしたなら それはいずれ 巡りめぐって返ってきます。

国際協力NGOユートピア公式サイト
丸いホームページです。見てね。
国際協力NGOユートピア

========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================



2017.08.31 Thu l 国際協力のこと l コメント (0) l top
私達は集められた寄付金を発展途上国の支援に使います。
たくさんの支援団体さんがありますが、みなさんどうやってそのお金を振り分けているのでしょう?

支援金を使う時にはまず支援計画というのをたてます。
集まったお金をただまき散らすのではなく
世界の情勢を見て、どの国が今一番困っていて、どれだけのお金が
必要なのかという現地情報をまず手にいれます。
緊急性の高い地域にお金を流していくようにします。

小さい団体さんだとこの国の、この村を支援しようという決断をくだし、
その地域にどれくらいの子供、大人、お年寄りがいるのかということを調べます。
その地域に食べ物が足りないのか?病気の人が多いのか?
建物や施設が必要なのか? 

全部調査をした結果、この地域に必要な支援を必要な分だけ提供します。
調査の結果食べ物が足りないのなら食料を提供する時もありますが、
その地域には食べ物の提供ではなく、農業開発が必要なら農業開発専門の
支援団体さんにお願いすることもあります。

支援団体さんには教育支援、育児支援、医療支援、開発支援、環境支援等
それぞれ分野があるので、専門の人達の手を借りながら支援を実行していきます。

支援をしていく上で一番大切なのは、現地調査。
その地域に必要な分だけを必要な時に提供していきます。
やりすぎても、やらなさすぎてもいけません。
ちょうど良い分を提供していきます。
このさじ加減がとても難しく、うまく行く時とうまくいかない時があります。

物やお金を提供するだけが支援ではありません。
本当に大切なことはその人たちが自分たちの力で生活できるように
なることが大切なのです。お知恵や技術を提供するのも立派な支援です。
支援団体がふりだすお金は決して支援団体のお金ではありません。
お預かりしたお金をいかに有効に使うかが支援団体の力量が問われるところなのです。

国際協力NGOユートピア公式サイト
丸いホームページです。見てね。
国際協力NGOユートピア


========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================


2017.08.30 Wed l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
支援団体の講演会やイベントに出席する数が増えるごとに、支援団体のいろんなことが
見えてきました。

まず支援団体は大きく分けて二つに分かれます。
1つはバングラデシュやネパール等海外の国を支援するNGO(非政府団体)
この団体を立ち上げる為には英語力が必須になってくるのが見えてきました。
集めたお金をできるだけ有効に使うためには現地の情報を正確につかむ
必要があるからです。ネットで3年前の掲載された情報は全く役に立ちません。
現地の貨幣価値、人口、貧困度を察知するためには他団体の力を借りて
その情報を得ますが、ご丁寧に翻訳までしてくれる団体はまずないでしょう。

その他にも他団体とのお付き合いで英語が必要となっています。
どの支援団体さんも翻訳ボランティアの不足に頭を抱えています。
だから事務局長さんは自ら他の団体の翻訳をボランティアで引き受けるそうです。
その代わり、自分のところが困った時にはお互いさまで助けてもらうようになっています。

英語の他にも、奉仕作業、インターン、スタディーツアー等の経験を積んで
支援団体を立ち上げて行きます。必ず経験が・・・というわけでもないみたいですが
現実立ち上げても、経験がないと潰れていくのも早いみたいです。

そして盲導犬を育てる施設を支援したり、小児がん、交通事故遺児等国内の地域支援をするのが
NPOになります。このNPOの立ち上げは英語力も必要ないし、奉仕作業やインターン等の経験を
積み立ち上げるので簡単そうにみえますが、実はそうではありません。

NGOは集めたお金で施設を立てたり、文房具やお金を寄附しますので、接触するのは
施設の運営者や学校、自治体になりますが、NPOの場合盲目者、がん患者、障害者等
直接その人やその人の家族と触れますので、その人達の痛みを全て理解し、受け入れる必要があるのです。
メンタル面で相当気を使うというのが現状です。

海外支援をするNGOは発展途上国の人達を支援するために自力でお金を作らなければいけません。
日本政府は資金を全て国連に渡すので、政府からの援助を受けることができないので、資金集めに
相当骨を折るそうです。

国内支援は障害者には障害者年金、がん患者は高額医療補助や健康保険、交通事故遺児は
政府からの援助等政府がある程度の生活は保証してくれるので、かゆい所に手を届くことを
支援していきますが、弱者の目線で全て支援計画を立てていく必要があるのでメンタル面で
骨を折るそうです。

どちらの支援団体をとっても、支援団体というのは企業のように物を作り、販売してお金を
得るわけではありません。人の善意の部分をお借りして運営していくので、経営していく上では
非常に難しい分野だと言えるでしょう。潰れていく団体さんや、借金がたくさんある団体さんも
多いようです。

いろんな支援団体さんがありますが、やはり持ち前の強みを前に出して運営してくのがいいみたいです。
絶対必要なのが人脈。これさえ上手につかむことができればうまくいくかもしれませんね。

さてさて、私ども国際協力NGOユートピアの行く末はどうなるでしょう?

国際協力NGOユートピア公式サイト
丸いホームページです。見てね。
ユートピア バナー

========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================


2017.08.28 Mon l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
支援活動を始めると決心して、初めて講演会に出席した。
学生さんばかりの支援団体さんのところに顔を出してしまい、
ちょっと浮いたおばさんだった。

だけどみんな一生懸命で、私が学生の時なんて
支援になんて全く興味がなくて、バイトと化粧品とデートにしか
興味がなかったけど、こんなに真面目な学生さんがたくさんいるんだなあ
と感心しました。世の中まだまだ捨てたもんじゃないなとおもいました。

支援団体さんも現地の状況を分かってもらおうと一生懸命で
スライドを通して現地の様子を知らせてくれるのですが
わかりやすく、楽しい講演会でこれからもちょくちょく顔を出してみようと
おもいました。

========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================
2017.08.27 Sun l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
支援活動をしていて、募金をしてくださる方がたくさんいらっしゃいます。
それがたとえ小額であっても、チリも積もれば山となります。
その人達のお陰で多くの命が救われます。

しかし、時々「募金って本当に支援に使われているの?」と
質問を受けることがあります。
「だって支援団体さんだって経費がいるでしょう?」と
言われる時があります。
それでは支援団体に集まる募金や経費の内訳はどうなっているのでしょう?

募金は経費に消えることはあるのでしょうか?
答えはYESです。支援団体も飲まず食わずで運営することはできません。
これは相場ですが基本集まった収益は3対7で3割が運営費、7割が支援費に分けられます。
それでは募金が山盛り集まった場合、どうなるでしょう?ここが普通の企業と違うところです。
普通の企業はお金がたくさん入ってきたら、それをみんなで分配しますが支援団体はそれはしません。
募金がたくさん集まったその年には3対7の割合を2対8に変えて、支援費を増やしていきます。
だから支援団体は団体にお金がたくさん入ってきても、団体自身がお金持ちになることはありません。

寄付金の汚職の話をよく耳にしますが、これは海外の政府を通した場合によく発生します。
支援団体が真面目に寄付金を集め、支援費として送金してもそれが悪い政治家の手に渡ると
それは政治家のポケットに入ってしまうことがあります。
政治汚職で一番酷い国はバングラデシュですね。毎年ユニセフが多額のお金をバングラデシュに
送金するのですが、汚職がひどい為本当にお金を必要としている貧困者達の手元に届きにくいと
いう現実があります。

ユニセフ親善大使の黒柳徹子さんはこの現実をご存じの為、受けっとった寄付金を小切手にして
直接難民キャンプにお届けされています。彼女の手元に渡ったお金は100%確実に現地に届くので
私達国際協力NGOユートピアも集めた寄付金を彼女の元に届けることがあります。

「どの支援団体さんも、黒柳徹子さんみたいにすればいいのに・・・」と思うかもしれませんが、
それはちょっと難しいです。支援団体を運営していく上で、送金の際にも振り込み手数料、
交通費、人件費、文房具代等やっぱりお金が必要になってきます。
黒柳徹子さんは芸能人で地に足をついた職をお持ちなので、寄付金の全額を現地に届けることが
できますが、普通の支援団体さんの場合なかなかそうはいきません。ただし、どの支援団体さんも
3対7の割合からスタートした自分たちの団体の経費の割合をなんとかして減らす努力は
日常毎日されています。「少しでも支援費を増やして、一人でも多くの人達の支援を・・・」と
いう心は持たれています。このことは心に留めておいて頂きたいものです。

========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================

国際協力NGOユートピア

2017.08.26 Sat l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
前回は支援の神様 マザーテレサの記事を書きましたが、
イギリスの大女優オードリーヘップバーンもユニセフ親善大使として
貧しい人達に貢献しました。

彼女は女優だけでなく、親善大使としても素晴らしい仕事をこなし
私が目標にする人の一人でもあります。
彼女の名言は世界的に有名で実際私も心をうたれました。

「美しい唇を持つには、優しい言葉を紡いでゆくこと」
「愛らしい瞳を持つには、人々の素晴らしさを見つめ続けること」
「スリムな体でいるには、飢えた人々に食べ物を分かつこと」
「美しい行為は、このように、決して1人ではできないもの」
「人が成長していくということは、自分には二つ手があるということに、気づくこと」
「1つの手は 自分自身を助ける為に、もう一つの手は他人を助けるために。」

素晴らしい言葉だとおもいませんか?

========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================

オードリーヘップバーン


2017.08.23 Wed l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
発展途上国の支援活動を決意して、まず何をすればいいのかな?
この時点で頭が真っ白に・・・・
とりあえず今まで支援活動していた人のことを知ってみるとしよう。

発展途上国の支援で有名なのはマザー・テレサ。
もう今は亡き人ですが、世界中の人から今でも尊敬されている修道女です。
ノーベル平和賞の受賞者です。

良家の出身で、学校の先生を経て、修道女になり、
貧しい人や、病気の人の為に 貢献した人です。

この人のすごいところは、物資を施しただけでなく、
人の悩みや内心の部分にまで入り込み
解決したんですよ。

マザー・テレサの考えは 心に傷を持っている人も
弱者として受け入れたのです。
健康でも心が幸せでないとだめだということを
よくわかっていたのですね。

マザーテレサのようにとまではいかなくても
私もできるだけこういう人になりたいな。

t02200156_0800056813194381781.jpg


========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================





2017.08.23 Wed l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
こんにちわ。国際協力NGOユートピアです。
発展途上国の支援をしています。
まだ立ち上げたばかりの小さな団体ですが、よろしくお願いします。

発展途上国の支援を始めたきっかけというのは
若い頃、英会話の講師をしていた時、私のもとにはお母さんの手の行きとどいた
まるまる太った、幸せそうな子供がやってきて楽しそうにレッスンを受けて帰ります。

仕事を終えて、家に帰ってテレビをつけた時バングラデッシュのストリートチルドレンの
特集番組が流れていました。その子たちは親がいないので路上で物乞いをして生活を
しています。学校に行くこともなければ、服を着替えることもありません。

この風景を見て、世界って不公平だなあって思いました。
片方では雨露しのげる家でお腹いっぱいご飯を食べて
毎日きれいな服を着て、学校へ行きます。

こんな状況を少しでも良くしたいという思いでこの組織を立ち上げました。

国際協力の支援団体を運営していくのには英語力が必須となります。
大学での専攻を英語、英会話講師をしていたお陰で英語の部分はクリア。
あとは講演会等の出席、支援団体さんでの無償でのお手伝い。
ある程度下積みしてから立ち上げる必要があるので、仕事の合間に
ここからユートピアさんの支援団体立ち上げ修行が始まります。

こんな調子でこれからおもしろおかしい、ちょっぴり涙ありの
支援日記を提供してまいりますので、末長いお付き合いでよろしくお願いします。

========================================
国際協力NGOユートピア
URL:http://ngoutopia.com/
e-mail:nutopia0607@gmail.com
========================================
2017.08.21 Mon l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
こんにちわ。はじめまして。
国際協力NGOユートピアです。
発展途上国の支援活動をしています。
アメブロから引っ越ししてきました。
支援事業っていろいろあります。本当にいろいろあります。
設立から募金集め、送金まで大変なこと、楽しいことがたくさんあります。

まだ立ち上げたばかりの小さな団体ですが
これから支援団体奮闘記みたいな日記を通して、
皆さまと共に発展していきたいと思います。
これからよろしくお願いします。

国際協力NGOユートピア



2017.08.20 Sun l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top