今、発展途上国の商品を輸入し、売上を支援として使うためのネットショップを構築しています。
ただ構築するだけではうまくいかないと思うので、経営哲学の書物にも目を通しはじめました。

これが読んでみると結構おもしろい。図書館の経済・経営の部門に行くといろんな本があります。
良い仕入れ先で、良い商品を適正価格で販売し、利益を社会の為に貢献する。
一見簡単そうですがネットでやるので、人のお顔が見えません。ここをうまく切り抜けるためには
やはり経営学が必要な気がしました。

しかし頭ではわかっていてもなかなか体がついてきてくれないのが現状です。
あたまをぶつけることもあるでしょう。おそれがでてくる年代にもなりました。
冒険を拒否する年になりました。

しかし、頭をぶつけながらも前進していくのはとても面白いものです。
なんだか今日は一つコンパスみたいな物を手にいれたような気がしてきたので
ちょっと強気になれる一日でした。



2018.11.10 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
今日はちょっと時間があったので、うちのサイトをスマホ対応にしてみようと、いじってみることにした。
最近ではパソコン、タブレット、スマホといろんな機械でホームページを見ることができるので
その画面のサイズに合わせて変形するサイトが求められています。

この変形するサイトのことをレスポンシブウェブデザインというのですが、
ちょっとサイトを見て、作り方をみればすぐできると思っていたのが大間違い。
甘かった。全然変形しない。何時間やっても変化なし。あれやこれやと手を変えてもだめ。
どうしよう・・・・。続きは明日考えよう。

さてさて、このうちのサイトの将来はどうなることやら・・・



2018.10.25 Thu l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
貧しい人達を助け、ノーベル平和賞までもらった偉人マザー・テレサ。
今日はちょっと時間があったので、彼女の本を読んでみた。

マザー・テレサはスラム街の人達を救うため、自ら寄付金を集める方でしたが、
受け取らなかったこともあったそうです。

彼女の考えは「高額な札束よりも、なけなしの小銭の方が神の好意に値する。」
という考えで、あまり高ピーな支援金はうけとらなかったこともあったそうです。

こういうところがさすが「世界のマザー・テレサ」だなあと感じました。
これからも彼女を目標に国際協力に貢献したいと思います。




2018.10.20 Sat l 国際協力のこと l コメント (0) l top
国際協力NGOユートピアでは現在、発展途上国から輸入したアクセサリーや生活雑貨を販売するネットショップを構築しています。
ショップの形はなんとなくできてきたのですが、値決めや運営方法、管理方法で今まで頭を悩ませました。

ネットショップのオーナーが頭を悩ますこと

・仕入れ先
・値決め
・利益率
・経費勘定
・在庫管理
・売上
・利益
・店舗維持

上記の問題を丸く収めるために、すごく頭をまわして電卓をはじきます。
うちの店舗の場合これに「発展途上国への送金」という一大テーマが加わる為もう大変。
つぶれないように・・・、維持していけるように・・・と頭を抱えます。

ここ3ヵ月、このことでずいぶん悩みましたが、最近なんだか疲れてきました。
そこで、「社会貢献」という言葉をテーマに考えだすと少しづつ、絡まっていた歯車が回り始めます。

「利益を出すこと・・・」「維持していくこと・・・」「少しでも多くのお金を集めること・・・」
これが今までの考え方でしたが、

「少しでも多くの商品を仕入れて発展途上国を豊かにすること・・・」
「少しでも良い値段でお客様に商品を提供すること・・・」
「少しでもたくさん発展途上国に送金すること・・・」


「利益はあとから付いてくる」

こう考えると、体も心も頭もとてもすっきりして、今晩は久しぶりにゆっくり眠れそうです。
開店までもう少し、がんばります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

国際協力NGOユートピア

e-mail:nutopia0607@gmail.com

web site:https://ngoutopia.com/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□








2018.10.13 Sat l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top
現在、いろんな経営の本を読んでいます。
手さぐりで運営をするよりも、きちんと正しい知識を深めて進めていく方がいいと思ったからです。

どの経営の本を見ても、事業というのは個人の考えで進めることはご法度とされていて、
みんなで相談して、一番良い方法をとるようにするのがいいとのこと。
いくら事業主であってもワンマンは許されないのですね。

事業の進め方や利益の配分等はみんなで決め、けっして利己的にならず、
社会レベルで考える必要があるということ。

事業というのは大きかったり、従業員が多かったり、売上の多かったり、昔から存続している
企業が良い企業というわけではないようです。
どこまで社会に貢献し、みんなが幸せになるように運営されている会社が優良企業のようですね。

昔のような「仕事だから我慢する」「仕事だからなんでもしないと・・・」
そういう時代はもう終わったような気がします。
人を適材適所において、強みをださせ、社会に貢献する企業を目指さないといけないのでしょうね。
昔と違い、道徳観や倫理観が重視されるようになりました。

人道的で、奉仕的な経営を心掛けていく必要があるようですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

国際協力NGOユートピア

e-mail:nutopia0607@gmail.com

web site:https://ngoutopia.com/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




2018.10.06 Sat l 国際協力支援日記 l コメント (0) l top